体重コントロール

あなたの体重増加の目安は?

適正な体重増加は妊娠前の体格(BMI)によって異なります。

まずは、自分にとって望ましい体重増加を知りましょう!

計算式: 妊娠前の体重( )kg÷身長( )m÷身長( )m=BMI( )
 体格区分

 妊娠全期間を通しての

体重増加

 妊娠中期から

末期1週間あたりの

推奨体重増加

低体重

(やせ)

 BMI18.5未満  9~12kg  0.3~0.5kg/週
 ふつう  BMI18.5~ 25.0未満

 7~12kg

(BMIが低体重に近い場合は上限に近 い体重、肥満に近い場合下限に近い体重を)

 0.3~0.5kg/週
 肥満  BMI25.0以上

 個別に対応

(BMIが25.0をやや越える程度は約5kgが目安。 著しく越える場合は他のリスク等を考慮しながら、体の状況を踏まえ、個別に考える)

 個別に対応

(「妊産婦のための食生活指針」厚生労働省)

妊娠前の体格の影響

妊娠前に過度のやせすぎだったり、太りすぎだった人は、分娩時の異常などを引き起こすリスクが高くなります。妊娠前からの健康なからだづくりが大切です。

やせすぎの場合 ・胎児の発育不全
・切迫早産
・貧血 など
太りすぎの場合 ・妊娠高血圧症候群
・妊娠糖尿病
・巨大児
・分娩遷延 など

妊娠中の体重変化の影響

おなかの赤ちゃんに必要なエネルギーや栄養素は、すべて胎盤を通じて母体から与えられます。
またママのからだにも適度のエネルギーとバランスのよい栄養素が大切です。
元気な赤ちゃんを出産するために、体重増加を適正にコントロールすることがとても重要です。
妊産婦のための食生活指針」や「食事バランスガイド」を参考に、体重変化をチェックしましょう。

妊娠中の体重増加が著しく少ない場合高まるリスク ・貧血
・早産
・低出生体重児
・子どもの将来の生活習慣病 など
妊娠中の体重増加が著しく多い場合高まるリスク ・妊娠高血圧症候群
・妊娠糖尿病
・分娩時の出血多量
・巨大児分娩
・帝王切開分娩 など

資料:母子健康手帳 副読本